二重整形は元に戻せる!【医師に伝えておくことが重要】

サイトメニュー

施術法を検討する

女性の目元

医師に相談する

二重整形は整形手術の中でも人気があるので、毎年多くの人が施術を受けています。一重の方など憧れの二重まぶたになれるということで、顔が大きく変わると期待をしている人も多いようですが、まぶたの状態を変えるだけなので思った通りにはならないことがあります。特に注意が必要なのがまぶたの脂肪が多いタイプの人で腫れぼったい感じに見えるのは、まぶたの状態を変えるだけではすっきりと見せることが難しいようです。二重整形の中でもメスを使わずに糸でとめるだけで折り目をつける埋没法の場合にはまぶたの脂肪を取り除くことができないので、まぶたに折り目をつけることが難しくなります。埋没法を受けて、折り目をつけることができても、その後にまぶたをこすってしまうなど強く触った時にとめてある糸がとれて一重に戻ってしまうこともあります。そのため、元のまぶたの状態によってはメスを使って切開をする切開法のほうが適していることもあります。これは個人差が大きいことなので、医師の診察を受けた時に施術法を直接検討することが大切です。素人だけでは判断ができないので、きちんと施術前に医師に聞いておきましょう。その時にまぶたの脂肪が多い人は切開をした時に脂肪を取り除く手術も同時に受けることをすすめられることがあります。二重整形は切開をして、その部位に折り目をつけるだけなので、それだけでは理想の形に近づけないという場合には脂肪を取り除く施術も検討してみましょう。まぶたの脂肪の量が少なくなれば、かなりすっきりとした目元に近づけることができます。二重整形は日帰りで手術が受けられるところがほとんどです。目に手術をするというと大きな手術のように感じる人もいるようですが、実際はメスを使わない方法もあるくらいなので、そこまで体への負担が大きくありません。糸でとめるだけの埋没法という方法では、メスも使わないので出血もほとんどなく、術後の腫れも少ないと言われています。切開法の場合には皮膚に切開をしますが、切開をする量は人によって様々です。まぶたの半分くらいで済むこともありますし、まぶた全体に切開を加えることもあります。これは仕上がりの希望や元のまぶたの状態を総合的に判断して決められます。切開量が少なくても二重にすることができますし、切開量が少ないほうが術後の腫れも少なくなる傾向があります。どういった方法で行うかは細かく分けるとかなりたくさんの方法があり、クリニックによっては行っていない施術法もあります。例えば埋没法は糸でとめるだけとはいえ、糸の通し方には様々な方法があります。単純に皮膚を通すだけのものから、とれにくいようにしっかりととめるものまであるので、事前にどのような方法で行うかを詳しく聞いておくと安心できます。施術法を聞いてから自分で調べてみると、施術を受ける前にメリットとデメリットを比較することができます。説明を聞いてから施術を受けるかどうかを決めるまでの間に施術法を検討し、必要があればいくつかのクリニックで診察を受けてみることをおすすめします。医師によっておすすめされる方法が違っていることがあるので、比較して決めることができればベストな方法で施術を受けられるでしょう。

Copyright© 2018 二重整形は元に戻せる!【医師に伝えておくことが重要】 All Rights Reserved.