二重整形は元に戻せる!【医師に伝えておくことが重要】

サイトメニュー

埋没法の種類をチェック

女性

瞼板法と挙筋法の違い

二重整形の中でもメスを使わない埋没法は、手軽に受けられるプチ整形として人気ですが、この埋没法は大きく瞼板法と挙筋法の2種類に施術法が分けられます。瞼板法は埋没法としてポピュラーな施術法で、まぶたの表面側である皮膚の内側と、裏側にある瞼板という部分を糸で留めて二重のラインを作るというものです。皮膚のたるみが比較的少ないという人に瞼板法は向いており、まぶたを留める数は1点から6点などクリニックによって異なります。一般的に糸で固定する数が多ければ多いほど、くっきりとしたラインが作れ、なおかつ持続時間も長くなる傾向にあるようです。ただ、留める数が多いと施術後に怒る腫れなどの症状が長引く恐れがあるので、まぶたの状態や術後のことを考えて糸で固定する数は決めると良いでしょう。また、瞼板法は糸を外せば元のまぶたへとすぐに戻すことが可能なので、試しに二重整形にチャレンジしたいという人にもおすすめです。挙筋法は瞼板ではなく挙筋と呼ばれる目の筋肉部分に糸を通し固定することで、クッキリとしらラインを作るという施術法となっています。こちらの施術法はまぶたが厚い人に向いており、瞼板法で起こりやすい糸のゆるみが少ないので、ラインが取れにくいというメリットがあります。また、挙筋法の場合は眼球の近くに糸を通すということが無いため、眼球を傷つけてしまうリスクが無いという点もメリットです。瞼板法と挙筋法それぞれの施術法によってメリットはあるので、医師としっかり話し合い自分に合った埋没法を選ぶようにしましょう。二重整形にはまぶたにメスを入れる施術法もありますが、最近はより手軽に受けられるプチ整形の埋没法が人気です。なぜ埋没法が人気なのかというと、まず挙げられるのが顔にメスを入れるという負担なく、二重のラインを作れるという点です。麻酔をかけるとはいっても顔にメスを入れるというのは、かなりの恐怖心を感じますが埋没法であれば、医療用の針と糸とで施術を行うため精神的な負担は大きく軽減されます。メスで皮膚を切開して縫合するという手術を行わない埋没法は、施術後の回復も早いという点でも人気を集めているようです。メスを使う施術法の場合、術後約1週間から2週間程度は目元の腫れが出るので、人目が気になってしまうかもしれません。一方、埋没法の場合はというと術後に腫れたとしても、症状のピークは3日程度で少しずつ軽減されていくようです。大型連休を利用して埋没法を受ければ、休みの間に腫れなどの症状は引き、休み明けは目立たない状態で通学・出勤することができるでしょう。施術後の症状が比較的軽く回復も早い、そしてスケジュールを上手く調整すれば二重整形を受けたことが、周囲にばれにくいため埋没法は人気なのです。また、費用面でも負担が少ないという点も埋没法が若い世代から、大人世代までと幅広い年代の人に選ばれている理由の1つです。メスを使う施術法の平均費用は両目に施術を行った場合30万円程度ですが、埋没法は約5万円から10万円程度で受けられます。施術費用がリーズナブルなので美容整形への敷居が低く感じるというのも、埋没法が人気の理由と考えられるでしょう。

Copyright© 2018 二重整形は元に戻せる!【医師に伝えておくことが重要】 All Rights Reserved.